忍者ブログ
私たち、ツヂバデルコです。
[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学生の頃や
新劇の養成所にいた時
何度も読まされたけど
結局は一行も理解できてなかったんだな、と 
いま彼の短編集を読んでいて思う


中年のための文学?


これを20代そこそこの若者たちに
必須科目のように強要するのは
すこし無理があるように感じる
それほどにディープな
人間の業と生活についての物語


こういうものは当時 
「赤毛モノ」と呼ばれていた
たとえばでてくる人物は
「ナターリャ・ステパーノヴナさん」
とフルネームで呼ばれ
悲しいときにはわが胸を叩いて慟哭し
最後には
「それでも生きていかなけりゃねぇ!」
と感情たっぷりに叫んだりする


どこを切っても不可解 
遠いオロシヤ国での出来事と 
親近感をまったく感じられなかったのに・・・ 
この印象の違いは何?!


やはり加齢のなせるワザか ・・・


お写真はグラスに浮かべたキャンドル
上から撮ったら
なんとなくロシア風。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
うひひ。。
どんどん楽しくなってくるよ♪
K♂chan 2010/03/03(Wed)17:21:59 編集
あら
兄さん、書き込みありがとうございます!!
演劇に関する話題が
すごく少ないブログだと
いつも反省してるんですけど・・・
がんばりま〜す。


ももえんぬ 2010/03/06(Sat)10:01:11 編集
無題
デルコっぽくて、
ファンにはたまらないと思うよ。
(^_^)v
K♂chan 2010/03/06(Sat)12:24:01 編集
無題
(涙)!
ありがとうございます・・・
ももえんぬ 2010/03/07(Sun)14:50:27 編集
プロフィール
HN:
ツヂバデルコ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
私たち、ツヂバデルコです!
写真右が姉ももえんぬ(辻桃江)
左がよしえんぬ(辻良江)
毎月1~2回のペースで
主に初台オペラシティ内サンクンガーデンに出没致しますのよ。
ご要望、ご用命があらば全国各地アナタの街にも参ります!!
どうぞよろしくお願いします!!

メールはこちらまで☆
momoano@gmail.com
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お天気情報
バーコード
ブログ内検索
Copyright © / “シアンツリー”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]