忍者ブログ
私たち、ツヂバデルコです。
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [96]  [95
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母の誕生日があり
週末は横浜の実家に戻りました。

そこには私たち三姉妹それぞれに
ビデオライブラリがあります、主にβで。


長女、MTVや深夜放送の映画

次女、奥様は魔女やファミリータイズなどの
テレビシリーズ

三女、東京に来てからのダウンタウンを
ほぼ網羅


三つ子の魂、三姉妹の魂が
お茶の間の一角に
小さく陣取っております。


今回の再発見は
1998年辺りに夢中で観ていた
ポーランドのモノクロ映画です。
「尼僧ヨアンナ」は
悪魔に取りつかれた尼寺が舞台
尼さんたちは白装束
お坊さんは黒い衣に
それぞれ、頭から足先まで
身を包んでいます。
それがモノクロの画面に整然と現われ
フォルムと動きの美しさを
遺憾なく発揮しています。


ああ、これが私の原点だな
と感じました。


私のやっていることは
演劇なのか人形劇なのか
ダンスなのかマイムなのか
はたまたパフォーマンスなのか
問われつづけ問いつづけ
残念ながら
人形やモノに命を吹き込むことに
起源があるのではなく
もう少し別の
たとえば単に
フォルムと動きと少ない色味
ひとのかたちと動作
この世界のコトワリにつながるドラマ

そこにいつもキモがあり
それを凝縮したような世界が
尼僧ヨアンナにあると
感じたのです。


とっつきよい映画ではないかもしれませんが
もしもご興味があれば 
観ていただきたい作品です。


ちなみに俳優陣はつぶぞろい
映画というより演劇の雰囲気もあり
昔のクロサワ映画に共通する構図の美があります。


そう言えば
以前モスクワへ旅行した時
トランジットホテルで偶然ご一緒した
高円寺在住の四人家族
お母さんがポーランドの方で
その方もこの映画をすすめていました。
数年ぶりで
家族そろって里帰りだと
とってもうれしそうだったなあ。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ツヂバデルコ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
私たち、ツヂバデルコです!
写真右が姉ももえんぬ(辻桃江)
左がよしえんぬ(辻良江)
毎月1~2回のペースで
主に初台オペラシティ内サンクンガーデンに出没致しますのよ。
ご要望、ご用命があらば全国各地アナタの街にも参ります!!
どうぞよろしくお願いします!!

メールはこちらまで☆
momoano@gmail.com
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お天気情報
バーコード
ブログ内検索
Copyright © / “シアンツリー”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]